marue快適館> 太陽光発電

よくある質問



太陽光発電 よくある質問

Q.発電した電気は蓄電できるの?
A.太陽光発電システムに蓄電能力はありません。現在売られている蓄電池では大変高価(150万円位)なので売電された方が効果的かと思われます。
Q.本当に節電できるの?
A.家庭用の太陽光発電は、一般的に年間消費電力の7割程度をカバーでき、大きな節電効果はあるといわれています。太陽光発電システムを設置されたお家ではモニターで実際の発電量、電気使用量などがわかるため楽しく節電ができます。
Q.導入に100万円以上かかるとのことですがローンは利用できますか?
A.金利の安いソーラーローンを取り扱っております。15年払いまでの長期分割払いが可能です。固定金利2.7%(2011年5月現在)
Q.太陽光発電ってたくさんのメーカーが出しているけど、どこも一緒なの?(どこのメーカーがいいの?)
A.メーカーによって特徴があります。「有名なメーカー」ということだけで選ぶのではなく、屋根の形状・設置方法など、さまざまな検討の要素が色々とあります。
Q.補助金はどれくらいもらえるの?
A.国からの補助金は1kWあたり48,000円です。例えば2.93kWの太陽光発電を購入した場合の補助金額は140,640円になります。他にも申込枠や締切日はさまざまですが県や各市町村が補助金を出しています。
Q.余った電気は売ることができるって本当?
A.1ヶ月ごとに集計し、発電した電気が余ると自動的に電力会社が買い取ってくれます。
例)小田原市T邸3.68kWの太陽光発電の4月分  余った電気量302kWh 売電料金14,496円(設置状況等により異なりますので、あくまでも目安としてください) 計算式:売電単価42円/kwh×302kwh=14,496円。※売電単価42円/kwhは10年間固定。通常のご家庭では約24円/kWhで電気を購入されていますので、売電単価はこれのほぼ倍近いお値段となっています。発電も売電も自動的におこないます。また、売った電気料金は月に1度指定口座に振込まれるので何の手間もかかりません。
Q.どんな屋根でも大丈夫なの?
A.屋根の形状についてはほとんどのタイプに太陽光発電システムは対応しています。ただし、屋根とシステムを固定する際に屋根材が割れやすいものだったりすると設置が困難な場合もあります。
Q.停電時には太陽光で発電した電気は使えるの?
A.いつも通り電化製品に使える訳ではありません。停電時には発電した電気を1,500wまで非常用コンセントでご使用になれます。省エネタイプの冷蔵庫、テレビや扇風機、携帯電話の充電など大容量の電気を使用しない電化製品にご使用になれます。電子レンジ、エアコン、IHクッキングヒーター等にはご使用になれません。
Q.設置後のメンテナンスは必要ですか?
A.基本的には不要です。太陽光パネルに付着した汚れやほこりなどは風雨によって流されるため、掃除の必要はありません。ただし、鳥の排泄物や落ち葉が大量に積もった場合などは取り除く必要があります。
Q.太陽光発電システムの寿命は?
A.一般的に、太陽光パネルは平均して20年以上のです。ただしパワーコンディショナーなどの周辺電装品は約10年で交換が必要です。(設置場所、設置条件等により異なります)
Q.どのくらいの規模のものを設置すればいいんですか?
A.平均的な一般家庭で消費する電力量は、年間約3,600kWhといわれています。定格出力1kWあたり年間約1,000kWh発電するので、定格出力3〜4kWの太陽光発電システムで消費電力量をまかなえます。


このページの上へ