marue快適館> 調理機器 >ビルトインガスコンロについて

ビルトインガスコンロについて


ビルトインコンロの選び方

最近は機種も多くどれを選んだらよいのか迷うところです。
まずビルトインコンロの「天板材質」を決め、
その後、グリルなどの機能・デザイン・価格などで比較することをオススメします。


ビルトインコンロのサイズついて

ビルトインコンロのサイズ

ビルトインコンロのサイズは、天板サイズ幅が、「75cm」と「60cm」の2種類があります。
本体の幅は同じ幅で作られているため、どんなシステムキッチンにもぴったりフィットします。

『自分が使いやすいサイズを選ぼう』

75cmタイプのビルトインコンロは、トッププレートの幅が広く、余裕のバーナー間隔。一方、60cmタイプは75cmタイプに比べて調理スペースが広めに確保できるので、狭い間口のキッチンにも設置しやすいタイプです。
お好みにあわせて最適なタイプをお選びください。



天板の種類について

ビルトインコンロの天板の種類は、主に4種類。 材質の特徴は下の表をご覧下さい。

トップ材質 長所 短所
ガラストップ 見た目が美しく、耐久性、耐熱性に優れ、お手入れが簡単 重いものを落とした場合、破損の恐れ有り
ガラスコート
(強化ホーロー)
ガラスの光沢感と、鋼板の堅牢度を併せ持つ。 ガラストップに比べて価格が安い。 衝撃で表面塗装が割れると、そこからサビ始める。
フッ素コート 油をはじくのでお手入れがラク。値段が安い 硬い物でこするとフッ素が剥がれるので注意が必要。傷みやすい。
ホーロー 耐久性に優れ、硬い物でこすっても大丈夫 衝撃で表面塗装が割れると、そこからサビ始める。年数が経つとコーティングが剥げてくることがある。
ステンレス / アルミ 使い込むほど味がでる。業務用のようなシンプルさがある。
(現行品では、個性的なコンロ数機種しか発売されていない。)
強くこすると傷が付きやすい。


「魚焼きグリル」について

最近では、魚焼きグリルのトレーに「水」を入れる必要がなく、上と下から一気に焼き上げる「無水両面焼き」が主流になっています。
無水両面焼きですと、途中でひっくり返す必要がないのでグリル内の熱が逃げることなく、またグリル内での水の蒸発がないため、カリッとこんがり焼きあがります。庫内の温度が高くなる両面焼の方が美味しく仕上がると言われています。

上位機種にはさらに「オートグリル機能」が付いている機種も増えてきてます。オートメニューと焼き加減を設定するだけで、焼き時間と火力を自動でコントロールし焼きあがると自動で消火するので、とっても便利です。

両面焼 片面焼
メリット
・上下から加熱するのでスピーディ
・途中でひっくり返す手間がいらない
・グラタンなどさまざまな調理も楽しめる

デメリット
・片面焼に比べ焼網にくっつきやすい
メリット
・両面焼に比べ焼網にくっつきにくい

デメリット
・片面ずつ焼く必要がある
・焼き上げるのに時間がかかる
・ひっくり返すときに身がくずれることがある


お手入れについて

汁受けレスのフラット天板が最近の主流になってきています。汁受け皿を外して洗う必要がなく、台布巾などでさっと拭けばお掃除完了♪ 
とっても好評です。

汁受け皿がないタイプ (汁受けレス) 汁受け皿があるタイプ
ガスコンロの汁受け皿なし ガスコンロの汁受け皿があるタイプ
メリット
・ゴトクをとってすぐ拭ける
・お手入れ点数はゴトク2点
・煮こぼれが内部に入りにくい構造

デメリット
・大量に煮こぼれるとあふれる可能性がある
メリット
・大量の煮こぼれにも汁受け皿が対応

デメリット
・お手入れ点数が多い
・隙間から内部に煮こぼれが入りやすい


最新のガスビルトインコンロを動画でチェック!

お手入れもお料理も、簡単・楽しく・安全になりました♪
この動画の商品は、 ハーマン製のダッチオーブン対応ビルトインコンロ「S-Blink Duo」です。



このページの上へ